こんにちは、ごとうげです(*・ω・)ノ

今日はみなさんにバレーボールのことを知ってもらうために
6人制バレーボールの用具とコートの各部の名称と規格
について大雑把に話したいと思います
バレーボールには9人制と6人制があるのですが
私は9人制のバレーボールのことを全く知らないので
9人制のバレーボールの説明はできません(´・ω・`)

 まずネットの高さですが小学生が2m
中学生(女子)が2.15m(男子)が2.30m
高校生(女子)が2.20m(男子)が2.40m
一般(女子)が2.24m(男子)が2.43mです 
*高校生はブロック大会および全国大会の時の
ネットの高さは一般と一緒です

 次に、ボールのサイズは小中学生が4号球で(円周63㎝±1㎝)
高校生と一般が5号球(円周66㎝±1㎝)となっていて
小学生のボールの重さは中学生のボールより軽いです
そして、ネットの両端についている赤と白のしましまの棒をアンテナと言います
最後にバレーボールのコートですが皆さんにわかってもらいやすいように
画像をつくってみたのですが文字は小さいし画質はあまりよくないということに(;´Д`)
それでも無いよりはまだ説明しやすいので一応貼っておきます

 コート
一番真ん中からセンターライン、アタックライン、エンドライン
そしてエンドラインの後ろにちょこっとある線がサービスラインといいます
コートの広さは縦が18メートル、横が9メートルになってます 
*小学生のコートはこれより小さいです
以上でバレーコートと用具についての説明を終わりたいと思います
わかりにくい説明だったと思いますが少しでも
バレーボールに興味を持ってもらえたでしょうか?
次回はローテーションについて説明したいと思います
ではまた次回お会いしましょうv( ̄∇ ̄)v

次回→ローテーション

このカテゴリでは大林素子著の以下の本を参考に記事を書いています