IRON CLAW


万年工事中

IRON CLAWは定期更新を目指し      
日々進化を続ける・・・

java

第3回java ~はじめてのコード~

こんばんは
ひでポンです
昨日はprocessingでサンプルいじってました
さて本日は『はじめてのコード』と題しましてやっていきたいと思います
やはりhtml同様にささっとコード書いていきます
 今回は実行した際に"Welcome to java!"とでも表示させますか
じゃあささっとコード書かせていただきますね
sample1_code
一行目は『//』ダブルコーテーションです
メモやコードの説明を書けます
3行目のclassをまあ適当にしてください
5行目のややこしそうな文はこれもとても大事な文です
ここから処理をはじめやがれ
ということを表しています
7行目は画面上に文字などを出力させる文になっており
出力には二種類ありprintとprintlnがあります
lnは改行を含みます
なのでSystem.out.println();と記述することによって改行させることも可能です
そして出力させたい文字、文字列を" "(ダブルコーテーション)で囲ってあげます
行の最後には;(セミコロン)をつけてくださいね
これがないとエラーがでます
んで保存がUTF-8Nをおすすめします
デフォだったらなんか文字化けしまっせ
文字コードよくわからんのでね
で保存名ですが
ここで要注意!

必ずクラス名と同じ名前で保存すること v
コンパイルはできますが実行はできません
拡張子は.java
ほぞん
ファイルの種類をすべてのファイルで

さあできたら実行してみよう
コンパイルは『javac ファイル名.java』と書いてね
コンパイル
ちょっと作業しやすいように作業ディレクトリをデスクトップに移動しました
相変わらず名前は消しとくね
でエンターキー押して何もエラーがでなかったら成功
ほんでデスクトップで作業を行った人はデスクトップに.classファイルができてるはずだ
で、実行ですが『java ファイル名』これだけでOK
こんなふうになったかな?
実行
お疲れ様でした
また次回お会いしましょう

では( -д-)ノ

本誌参考ページ(P18~21)

第2回java ~注意事項~←前回

次回→


 

第2回java ~注意事項~

こんばんは
ひでポンです
稲刈りも無事に終わり・・・残念まだ終わってません
これが現実!現実です!
だって残骸(藁)の片づけ・・・
はあガードレールに延々と掛ける作業疲れるし、萎える

まあ、コードを書く際の注意ですが
1.英数字入力の際、全角ではなく半角
2.英字の大文字と小文字の区別
3.空白はスペース、Tabキーで
※スペースは全角だとエラーがでる場合がある
4. 行の最期はエンターキー
5.セミコロン; コロン:の違いに注意
6.各種かっこに気を付ける{ },[ ],( )
7.0(ゼロ)とo(オー),1(いち)とl(エル)の違いに気を付ける 

ちなみに拡張子は.java
拡張子をつけて保存したファイル
いわゆるソースファイル

でコンパイルするコンパイラはコマンドプロンプトを使用します
ウィンドウズキー+Rキー
このような画面がでたら cmd入力
cmd

 まあそしたらコマンドプロンプトの画面が開きます
 cmd2
ごめんなさいね
ユーザー名実名だから・・・
まあお疲れ様でした

では( ´_ゝ`)ノ

本誌参考ページ(P.6,7 )

第1回java ~環境構築~←前回

次回→ 第3回java ~はじめてのコード~

第1回java ~環境構築~

こんにちは
ひでポンです
最近ごとうげ君に先記事書かれてしまって
あああああになってます
もしかしたら今こうして書いてる間にも彼が
書いているということも考えられるのです
まあ一回すれ違い生じてますからね
私が記事上げた10分後くらいに記事が上がってましたんで
記事の表示数増やしましたよ 
とか言ってたら記事上がってたし
もお火曜日はプログラミングの日だぞー
あとからhtmlもやろうと思ったのに~
キー(ノ`Д´)ノ

それではさておきjavaの環境構築していきますか
今回は、コマンドプロンプト上でプログラムをコンパイルして
インタプリンタでプログラムを実行できるようにするというのを前提に
やっていきます
最後にテキストエディタにサンプルを書いてみて
実行してみる
まで行きたいんですけど私の労力が・・・
俺はeclipseでやるんだー
って方はそちらでもどうぞ
eclipse download

では話を戻してっと
以前もお話した通りテキストエディタはTerapadを使わせていただきます
Tera Pad download

というか、そもそもjavaがないと始められません
java download

リンクをクリックしたら恐らくこのような感じになるのではないかと思います
で、赤丸クリック
java1
それで下の画像と同じ場所みつけ...というか一番上だからすぐわかるはず
java2
ほんで上の、「Accept License Agreement」のラジオボタンをクリック
同意するということですね
で、OSにあったものを選びましょう
ちなみに×86は32bitだよ
86bitじゃないよ
最近の7や8は64bitが主流だと思われる
ダウンロードしたのはインストールまで済ませておいてください
さあここから環境設定だ

まずはシステムのプロパティを開こう
コンピュータを開いたらあるはずだよ
上の方に
で、開いたら
java3
システムの詳細設定
画面は8のものです
7でも場所は変わりません
恐らく...
で、環境変数
java4

8だったらスタートボタン押して
java6
普通にこの画面上で入力すれば環境変数に跳べる
java7
もうすぐ終わるぞがんばれ
java5
で、開いたらpathを選択しよう
編集をクリック
そしたら入力するわけで・・・
入力するpathですが
現在(09/03)のjavaの最新版
java8
jdk-7u25-windows-x64
で編集する際にpathの一番前
C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_25\bin;

ちなみに・・・
C:\Program Files\Java\jdk1.△.0_○\bin;
jdk-u-windows-x64
となってます

お疲れ様でした
終了です
おめえの説明わかりにくいんだよ
というかたは他をあたってください

最後にjavaは高橋麻奈の「やさしいJava」を参考に書いていこうと思います
やさしいJava 第4版
高橋 麻奈
ソフトバンククリエイティブ
2009-09-01



では(´∀`*)

javaをするにあたって←前回

 

次回→第2回java ~注意事項~

javaをするにあたって

こんばんは
ひでポンです
まだまだ暑い日が続いています
水分補給をしっかりと・・・とか言ってたら
台風近づいてますね
おかげで稲刈りができません

まあそれはさておき、今回はjavaについて
さすがに、html1回だけであんなに書いてしまうとは
週1でhtml
そうしたい気分です
まず、そもそもjavaとは?
正直説明面倒です
公式にまんま載ってる・・・
リンク貼っておきますので見てください

リンク

私が授業で習ったことも一応参考程度に
前の私のページから引用させていただきます

1.利用するマシン(プラットホーム)を選ばない
    →windows,Mac,Linuxでも開発できるということです

2.オブジェクト指向型言語
    →うまく説明できないのでWikiさんかはてなキーワードさんを参考にしてください

3.イベント処理、GUI用の環境あり
    →簡単に言うとアプレット
イベント処理とは「マウスが動いたとき~を実行する」のようなこと
GUIとはグラフィックユーザインタフェースのことであり
絵を絵画するなどといったことだった気がする   

4.NW(ネットワーク)や携帯端末での利用ができる
    →ネットワーク上で利用されている例としてGogle chromeの拡張機能
携帯端末はスマホなどのアプリを開発できるといったところでしょう


さてここでは何を使おうか迷っております
まあテキストエディタはTerapad予定
つまり、javaの導入が必要
レビューやらなきゃ うわあ・・・
とかいってさeclipseやってもいいんだけど導入長いんよね
まあPC中にはあるけど
でもさ、processingするとなるとeclipseもいいんだよね
Androidアプリ作れるし

多分javaは導入してコマンドプロンプト上で実行する形とると思います 

 次回→第1回java ~環境構築~

javaサンプルまとめ 随時更新

おはこんばんちわ
こちらはjavaサンプルまとめです
コメントアウトしているヶ所が文字化けしてるとこがあります

第3回java ~はじめてのコード~ 記事へ
サンプル
記事検索
ぷろふぃーる
ひでポン
pupu
一応管理人
「サイトを一緒に作らねえか?」



ごとうげ
マリオ
このブログの縁の下の力持ち
「」



QRコード
QRコード
おしらせ

dropbox問題発生中

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

相互リンク

相互リンク(追加順)

┗気まぐれなブログ。

  • ライブドアブログ

Back to Top