IRON CLAW


万年工事中

IRON CLAWは定期更新を目指し      
日々進化を続ける・・・

ごとうげ先生の熱血指導

セッターの役割

こんにちはごとうげですヾ(´ω`=´ω`)ノ
今日はバレーボールのポジションのセッターについて説明したいと思います 
バレーボールのポジションは細かく分けるといくつもありますが、
主要なポジションはトスを上げるセッターと、
中央に位置する攻守の要のセンターとサイドから攻撃するアタッカー、
そしてレシーブの専門職人リベロの4つです
 まずセッターの役割ですがセッターとは味方アタッカーが
スパイクを打つためのボール(トス)を上げる選手のことです
バレーボールは最大3回で相手コートにボールを返さなくてはいけません
もし自コートで味方選手がボールに4回触れてしまった場合は
フォアヒット」という反則になります
また以前はオーバータイムズとも呼ばれていたそうです
基本1回目のボールをセッター以外の人が
レシーブをして2回目のボールをセッターが触り、
アタッカーにトスを上げて3回目にアタッカーが
そのトスされたボールを打つという形になります
セッターには素早くボールの落下地点を判断する読みの良さや
ボールをコントロールする能力が求められます
打ちやすいトスというのはアタッカーによって違うので
セッターはそれぞれのアタッカーが打ちやすいトスを
把握して相手によって変えてあげます
また、セッターはどんな場面で誰にトスを上げるかを
任されているためチームの司令塔と呼ばれています
レシーブの質や敵の守備(ブロック、レシーブの位置)の状態を
すばやく判断してベストな攻撃を選択し、アタッカーに
正確なトスを上げる難しいポジションでもあります(´・ω・`)
エースに賭けるのか、相手のブロックを振るのか、
その日調子のいいアタッカーは誰なのかを判断して
味方のアタッカーを自在に操り巧みに戦術を組み立てていく
というところがセッターの役割でありセッターの楽しいところだと思います(´∀`*)
 次回はセンターの役割について説明したいと思います
では(`・ω・´) 

ローテーション←前回

次回→ センターの役割

ローテーションについて

こんにちわごとうげです(*・ω・)ノ 
今日はバレーボールのローテーションについて話をしたいとおもいます
バレーボールには役割のポジションと配置のポジションがあります。
BlogPaint
6人の配置はこんな感じです。
一番前の左側からレフト、センター、ライト、
バックライト、バックセンター、バックレフトと言います。
それぞれ3人ずつ前側(前衛)と後ろ側(後衛)にわかれて
サーブが打たれるまではこの6人の前後左右の位置が変わってはいけません。
そしてサーブを打つプレイヤーが変わるごとにひとつずつ
時計回りに移動しますこのことをローテンションと言います
*小学生はローテーションがないので位置は固定です
次回はバレーボールの主なポジションの一つである
セッターについて説明をしたいと思います
では(。・ω・)ノ゙
                                                  
バレーコートと用具←前回

次回→セッターの役割



バレーコートと用具について

こんにちは、ごとうげです(*・ω・)ノ

今日はみなさんにバレーボールのことを知ってもらうために
6人制バレーボールの用具とコートの各部の名称と規格
について大雑把に話したいと思います
バレーボールには9人制と6人制があるのですが
私は9人制のバレーボールのことを全く知らないので
9人制のバレーボールの説明はできません(´・ω・`)

 まずネットの高さですが小学生が2m
中学生(女子)が2.15m(男子)が2.30m
高校生(女子)が2.20m(男子)が2.40m
一般(女子)が2.24m(男子)が2.43mです 
*高校生はブロック大会および全国大会の時の
ネットの高さは一般と一緒です

 次に、ボールのサイズは小中学生が4号球で(円周63㎝±1㎝)
高校生と一般が5号球(円周66㎝±1㎝)となっていて
小学生のボールの重さは中学生のボールより軽いです
そして、ネットの両端についている赤と白のしましまの棒をアンテナと言います
最後にバレーボールのコートですが皆さんにわかってもらいやすいように
画像をつくってみたのですが文字は小さいし画質はあまりよくないということに(;´Д`)
それでも無いよりはまだ説明しやすいので一応貼っておきます

 コート
一番真ん中からセンターライン、アタックライン、エンドライン
そしてエンドラインの後ろにちょこっとある線がサービスラインといいます
コートの広さは縦が18メートル、横が9メートルになってます 
*小学生のコートはこれより小さいです
以上でバレーコートと用具についての説明を終わりたいと思います
わかりにくい説明だったと思いますが少しでも
バレーボールに興味を持ってもらえたでしょうか?
次回はローテーションについて説明したいと思います
ではまた次回お会いしましょうv( ̄∇ ̄)v

次回→ローテーション

このカテゴリでは大林素子著の以下の本を参考に記事を書いています


記事検索
ぷろふぃーる
ひでポン
pupu
一応管理人
「サイトを一緒に作らねえか?」



ごとうげ
マリオ
このブログの縁の下の力持ち
「」



QRコード
QRコード
おしらせ

dropbox問題発生中

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

相互リンク

相互リンク(追加順)

┗気まぐれなブログ。

  • ライブドアブログ

Back to Top