こんばんはごとうげです(・∀・)つ
今日はバレーボールのプレー上のルールや主な反則について話していきたいと思います
まず基本的なルールですが、自チームのコート内にあるボールは3回まで触れてオッケーです
ボールに4回触るとフォア・ヒットという反則になり相手に1点得点が入ります
複数の選手が同時にボールに触れた場合は2人なら2回、3人なら3回ボールを触ったとカウントされます同じプレイヤーが2回連続でボールに触るとダブル・コンタクトという反則になり相手に得点がはいります
ただしブロックはカウントしないのでブロックした後のボールは誰が触ってもOKです 
片手でレシーブをするときは手を開いてレシーブするとフォールディングという反則になってしまうので手をグーにしてレシーブするようにしてください
*オーバーカットのボールを持ちすぎてもフォールディングになるので気を付けてください
  次にネット付近のルールですが、ネットの下からボールやプレイヤーがセンターラインを越えて相手コートに入ると反則になりますネットを通過するボールは必ずアンテナよりも内側を通過させて相手コートにボールを返さないと反則になりますまた、 ブロックで相手のトスをブロックしたり手がネットを越えてしまったり、アタックの時にネットのハクタイの部分を触っても反則になるので気を付けてください
最後に、あまりにもスポーツマンらしくない態度をとったりルールによって定められた回数以上にタイム(タイムアウト)や選手の交代を行った場合イエローカードやレッドカードを示します
イエローカードを出された場合相手に1点得点が入りサーブを打つ権利(サーブ権)を与えて試合を再開します
イエローカードを2回出された場合その人は退場です
レッドカードが出された場合はその選手は退場で、相手に1点得点が入りサーブ権を与えて試合を再開します
なんとなくバレーボールのルールについて理解でたでしょうか?
これからバレーボールを始める人はルールを守って楽しくバレーボールをしてください
次回はサーブについていろいろ話したいと思います
では今日はこれで(。・ω・)ノ゙ 

アタッカー←前回 

次回→サーブ(記事が更新されるまでお待ちください)