IRON CLAW


万年工事中

IRON CLAWは定期更新を目指し      
日々進化を続ける・・・

反則

プレー上のルールや主な反則

こんばんはごとうげです(・∀・)つ
今日はバレーボールのプレー上のルールや主な反則について話していきたいと思います
まず基本的なルールですが、自チームのコート内にあるボールは3回まで触れてオッケーです
ボールに4回触るとフォア・ヒットという反則になり相手に1点得点が入ります
複数の選手が同時にボールに触れた場合は2人なら2回、3人なら3回ボールを触ったとカウントされます同じプレイヤーが2回連続でボールに触るとダブル・コンタクトという反則になり相手に得点がはいります
ただしブロックはカウントしないのでブロックした後のボールは誰が触ってもOKです 
片手でレシーブをするときは手を開いてレシーブするとフォールディングという反則になってしまうので手をグーにしてレシーブするようにしてください
*オーバーカットのボールを持ちすぎてもフォールディングになるので気を付けてください
  次にネット付近のルールですが、ネットの下からボールやプレイヤーがセンターラインを越えて相手コートに入ると反則になりますネットを通過するボールは必ずアンテナよりも内側を通過させて相手コートにボールを返さないと反則になりますまた、 ブロックで相手のトスをブロックしたり手がネットを越えてしまったり、アタックの時にネットのハクタイの部分を触っても反則になるので気を付けてください
最後に、あまりにもスポーツマンらしくない態度をとったりルールによって定められた回数以上にタイム(タイムアウト)や選手の交代を行った場合イエローカードやレッドカードを示します
イエローカードを出された場合相手に1点得点が入りサーブを打つ権利(サーブ権)を与えて試合を再開します
イエローカードを2回出された場合その人は退場です
レッドカードが出された場合はその選手は退場で、相手に1点得点が入りサーブ権を与えて試合を再開します
なんとなくバレーボールのルールについて理解でたでしょうか?
これからバレーボールを始める人はルールを守って楽しくバレーボールをしてください
次回はサーブについていろいろ話したいと思います
では今日はこれで(。・ω・)ノ゙ 

アタッカー←前回 

次回→サーブ(記事が更新されるまでお待ちください) 

セッターの役割

こんにちはごとうげですヾ(´ω`=´ω`)ノ
今日はバレーボールのポジションのセッターについて説明したいと思います 
バレーボールのポジションは細かく分けるといくつもありますが、
主要なポジションはトスを上げるセッターと、
中央に位置する攻守の要のセンターとサイドから攻撃するアタッカー、
そしてレシーブの専門職人リベロの4つです
 まずセッターの役割ですがセッターとは味方アタッカーが
スパイクを打つためのボール(トス)を上げる選手のことです
バレーボールは最大3回で相手コートにボールを返さなくてはいけません
もし自コートで味方選手がボールに4回触れてしまった場合は
フォアヒット」という反則になります
また以前はオーバータイムズとも呼ばれていたそうです
基本1回目のボールをセッター以外の人が
レシーブをして2回目のボールをセッターが触り、
アタッカーにトスを上げて3回目にアタッカーが
そのトスされたボールを打つという形になります
セッターには素早くボールの落下地点を判断する読みの良さや
ボールをコントロールする能力が求められます
打ちやすいトスというのはアタッカーによって違うので
セッターはそれぞれのアタッカーが打ちやすいトスを
把握して相手によって変えてあげます
また、セッターはどんな場面で誰にトスを上げるかを
任されているためチームの司令塔と呼ばれています
レシーブの質や敵の守備(ブロック、レシーブの位置)の状態を
すばやく判断してベストな攻撃を選択し、アタッカーに
正確なトスを上げる難しいポジションでもあります(´・ω・`)
エースに賭けるのか、相手のブロックを振るのか、
その日調子のいいアタッカーは誰なのかを判断して
味方のアタッカーを自在に操り巧みに戦術を組み立てていく
というところがセッターの役割でありセッターの楽しいところだと思います(´∀`*)
 次回はセンターの役割について説明したいと思います
では(`・ω・´) 

ローテーション←前回

次回→ センターの役割
記事検索
ぷろふぃーる
ひでポン
pupu
一応管理人
「サイトを一緒に作らねえか?」



ごとうげ
マリオ
このブログの縁の下の力持ち
「」



QRコード
QRコード
おしらせ

dropbox問題発生中

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

相互リンク

相互リンク(追加順)

┗気まぐれなブログ。

  • ライブドアブログ

Back to Top